未分類一覧

大知は愚の如し – Stay Hungry, Stay Foolish.

大知は愚の如し:「本当の賢者(大知)はむやみに自分の知識をひけらかしたりしないから、一見すると愚か者に見える」という意味です。賢者は自分がもっている知識を、自分の価値だとは思っていません。むしろ、何か優れているところがあると共に、自分には何か欠けている部分があることに重きをおいています。

体得のコツ

一度慣れてしまうと、今度はできなかった頃の自分が不思議に感じます。 なんで、こんな簡単なことが、うまくできなかったのだろう?と。 特に意識しなくても、それこそ鼻歌を歌いながらでもできるようになることを 「手続き記憶」と言います。

「初心忘れるべからず」の本当の意味

このことわざは、「物事に慣れてくると、慢心してしまいがちであるが、はじめたときの新鮮で謙虚な気持ち、志を忘れてはいけない」との解釈が一般的だと思います。しかしこのことわざ、ルーツをたどるとそんなに生易しい意味ではないようです。このことわざのオリジネーターは、室町時代に能を大成させた世阿弥であり、世阿弥の書「花鏡」の結びとして

教養について

私が学生時代過ごした京都市のずっと北に、天橋立で有名な宮津市があります。そこに政治家・前尾繁三郎(1905〜1981)の記念館があります。彼は政治家であると同時に、真の教養人だったそうです。