教育一覧

「初心忘れるべからず」の本当の意味

このことわざは、「物事に慣れてくると、慢心してしまいがちであるが、はじめたときの新鮮で謙虚な気持ち、志を忘れてはいけない」との解釈が一般的だと思います。しかしこのことわざ、ルーツをたどるとそんなに生易しい意味ではないようです。このことわざのオリジネーターは、室町時代に能を大成させた世阿弥であり、世阿弥の書「花鏡」の結びとして