超簡単にKhan Academy風の教材が作れるShowMeが便利

こんにちは。辻川です。

今日は僕たちShareWisの教材作りでも使わせてもらっているShowMeを紹介したいと思います。

ShowMeってどんなサービス?

ShowMe(http://www.showme.com/)はiPadで簡単に動画の学習コンテンツを作れるサービスです。
作成した動画は、ShowMe上で公開したり、自分のブログに埋め込んだり、ダウンロードすることができます。

文字や図を書きながら、声で説明する形式の動画を作ることができます。
ちょうどKhan Academy(http://www.khanacademy.org/)の動画のようなスタイルです。

ShowMeの動画(ホワイトボードに字を書くイメージ)

Khan Academyの動画(黒板に字を書くイメージ)

今度別の記事で書きたいと思いますが、この筆跡+音声の動画は、
パワーポイント+音声の動画や、実際の講義の様子を撮影した動画よりも、
見ている人の集中力を維持できる傾向があります。

動画の閲覧は、PCのサイトでもできますが、作成にはiPadが必要です。
投稿された動画は英語が多いですが、海外の方向けの日本語の文法レッスン
http://www.showme.com/topic/japanese-grammar)などもあって、
見ているだけでも楽しいですよ!

ShowMeってどこがすごいの?

ShowMeのすごいところは何と言ってもその簡単さ。
iPadに文字や図を書きながら、ペラペラ話せば、教材のいっちょ出来上がりです。

これからの教育系のWebサービスでは、

(1) 教材を作るツール
(2) 教材を載せるプラットフォーム
(3) オフラインの教育と連携したサービス

が生き残っていくと言われています。
というのも、教材そのものはどんどん無料になっていくからです。

その意味でShowMeは(1)の教材を作ることに特化したサービスだと言えます。

実はこのShowMe、こちらの動画にもあるように、オフラインの授業と合わせて利用されるケースが多いようです。

学校の授業の後に、復習や説明しきれなかった解説のために、先生が短い教材をShowMeでサクッと作り、生徒が学校の外で動画を見る、といった使われ方をされているそうです。

最近よく耳にする、O2O(Online to Offline オンラインからオフラインへ)ではなく、
オフラインの教室の授業からオンラインのShowMeへ、さらにそこから教室の授業へ…
と、O2O2O2…(Offline to Online to Offline to …)といった具合に、オンラインとオフラインを
うまく織り交ぜた新しい教育スタイルを提供しています。

こういったことができるのも、誰でも簡単に教材が作れるShowMeがあってこそですね。


何かを「教える」お仕事をされている方は、一度ShowMeを活用してみてはいかがでしょうか。

そんなわけで、僕たちShareWisでも、いくつかのレクチャーでShowMeを使わせていただいています!

(iPadでの録音だとノイズが入るので、ShareWisではShowMeで作成した動画をダウンロードし、
ノイズ除去とBGMを追加してから利用しています。)

(辻川)

採用情報

株式会社シェアウィズでは、新しいメンバーの募集を積極的に行っています。フルタイムの勤務から学生インターンまで、ご関心をお持ちの方はお気軽にコンタクトしてください!

採用ページへ

フォローする