社会一覧

イタい高学歴ビジネスマンは何を間違っているか

今日は、難しい試験をクリアしてきた高学歴の人が必ずしも優秀なビジネスマンではない理由を考察したいと思います。努力家である高学歴の人が何故ビジネスマンとしてうまく行かないか。ほとんどの人が、「ペーパーテストと実務は全然違うからそういうこともあるだろう」と考えると思います。

女性社員が感じる上司による職場環境の違い

私が働いている会社は、組織変更と共に上司が毎年のように変わります。 若い上司、定年間近の上司、女性の上司、専門分野が異なる上司、海外赴任が長かった上司など… 上司によって職場環境が変化することは避けられないのですが、その中でも女性の私は、上司が男性か女性かで大きな差があると感じました。

社会を変えるのは誰?

マヤ文明の予言によると、地球は2012年12月21日に滅亡するそうです。 最近では、NASAが「2012年地球滅亡説は間違っている」という声明を出したりもしています。 「巨大惑星の衝突」 「太陽の爆発」 「地磁気反転」

驚くほど優秀なビジネスマンが、合コンでも優秀な理由

我々会計士のような専門職の業界では、優秀には2種類のタイプがあります。一つは「職人肌系」で、もう一つは「ナイスなビジネスマン系」です。合コンでモテるのは勿論後者です。あるマネージャーAさん(現在海外赴任中)はいつも部下の合コンに参加しては、おいしいところを持っていってました。

日系企業新卒の私が、海外企業の新卒と話して一番驚いた違い

日本で典型的な某日系企業で勤めています。大学を卒業して初めての会社のため、自分だけで、他の会社の仕事環境がどうこうと比較することはできませんが、幸い私の場合、学生時代の友達が就職を機に世界中にバラバラに散らばったため(それはそれで悲しいことですが)、各国、各企業の新卒の会社事情を耳にすることができます。