ShareWisサマーインターンシップのススメ

こんにちはShareWisの三好です。大学生のみなさんはそろそろ期末テストを迎えておられるころでしょうか?テストを突破すれば、夏休みですね。本日は、夏休みをまるまるShareWisでインターンってどうよ?って話です。

Summer-Intern.-731x277

ShareWisのインターンが他と違うところ

コンサルや外資のサマーインターンシップの紹介文では「圧倒的な成長など、圧倒的な○○」というキーワードが飛び交っていると思いますが、あえてShareWisでもキーワードを設定するとすれば、それは「圧倒的な実務経験の獲得」であります。

エンジニア志望であれば、ShareWisで実装されるストーリーを担当して頂きます。
つまり、インターンシップとはいえ、最初から実際の開発に参加してもらうことになります。詳しくは「ShareWis開発インターン入門」の記事を参考にしてください。

非エンジニア志望であれば、実際にShareWisの「知識の地図」に載せる学習マップに載せる学習コンテンツの制作やメディア運営などの業務を担当していただきます。気になる人は一度ShareWisのサービスを利用してみてください。

また、エンジニア非エンジニア問わず、日々のタスク管理や会議に参加することによってチームビルディングの手法を学ぶことができるでしょう。加えて、水面下で動いている新規事業の企画にコミットすることもできると言えます。

ShareWisでのインターンシップに向いている人

  • 5日間中途半端な短期ではなく、長期(1,2ヶ月やそれ以上)で挑戦したい。
  • 空虚な課題解決やビジネスコンテストなどの企画ではなく、とことんリアルな実務を経験したい。
  • 教育とITの融合に可能性を感じている。
  • コードをたくさん読み書きして経験を積みたい。

以上、簡単ではありますが、ShareWisのサマーインターンシップについての説明でした。

ShareWisでインターンシップを経験したい!という人は、学歴年齢性別問わず募集中ですので、ご気軽にお問い合わせください。

(三好)