CIツールをJenkinsからWerckerに移行したという話


wercker_screenshot

こんにちは。ShareWis開発メンバーの濱田です。
ShareWisでは、ウェブサービス開発に際してJenkinsというCIツールを使用していました。
しかし今回、これをWercker(ワーカー)という外部サービスに移行させることにしました。

以下、移行理由です。

  • Jenkinsの設定は属人化しがち
  • WerckerならCircleCIなどと違いプライベートレポジトリでも無料でCI出来る
  • boxやserviceという仕組みで簡単に設定できる

無料なのはベータ期間だからなので、将来的にはどうなるかわかりませんが
UIも分かりやすく、手軽に始めるには現状ベストでは無いでしょうか。

Travis CIやCircleCIに比べれば日本語の情報は少ないですが、それでも簡単に設定できます。
一点引っかかったのは、redisをserviceとしてインストールしようとしたら上手く行かなかったので、自前でインストールしたことぐらい。

今後はステージング環境へのデプロイもwerckerから自動化させたいなというところです。

このあたりの開発フローやツール同士の連携は、また整理してお話できればと思います。


スタッフ募集中!

株式会社シェアウィズの求人ページ


学習を冒険に変える無料学習サービスShareWis

わたし達は「知識の地図」を使ったShareWisという学習サイト及びアプリを運営しています。

Facebookページもよろしくお願いします

FacebookページではShareWisの機能・コンテンツの追加情報、学習に関するためになる情報を配信しています。



RSSとTwitterで便利に更新情報を購読できます

最新情報をRSS、Twitterで配信しています。フォローしていただけると大変便利です。
 RSSリーダーで購読する