ShareWisについて

ShareWisについて

これは名言!株式会社クレハの広告「ナケレバ ツクレバ」

こんにちは。ShareWisの東後です。 仕事柄、広告コピーやキャッチコピーが目に留まります。 以前、勉強がてら「何度も読みたい広告コピー」という本を読みました。 歴代ヒットした広告コピーが載っている本です。 ...
ShareWisについて

大知は愚の如し – Stay Hungry, Stay Foolish.

Linsiです。 テレビっ子の私は最近、榮倉奈々さんの「黒の女教師」にはまっています。 榮倉さんの回し蹴りからの決めゼリフ「愚か者!!」がお気に入りです。 さて、この「愚か者」ですが、ドラマの中では自分の怠慢を時代のせいにしたり、自分の...
ShareWisについて

体得のコツ

こんにちはShareWisの東後です。 皆さんは何か体得しようとしていることはありますか? 仕事だったり、勉強だったり、あるいは趣味のスポーツや音楽だったり・・・ 何かを体得しようとして、練習を続けていることはありますか? その練習は、...
ShareWisについて

教養について

日頃、競争の激しい社会人生活を送っていると、ともすれば忘れがちになってしまうのが、教養とは何かということです。 恐らく多くの社会人の方が、教養など身に付ける暇もなく、目の前の問題に役立つこと、あるいは数年後の自分に役立ちそうなことを勉...
ShareWisについて

人はアウトプットすることで記憶する

こんにちは。ShareWis CTOの門脇です。 私事になりますが、先日、大阪で開催された「第5回 HTML5など勉強会」で講師としてプレゼンしてきました。(その時のプレゼン資料はこちら) 2年ほど前から、機会があれば、このような技術系...
ShareWisについて

誰でも簡単にA/Bテストが作れるOptimizelyを実際に使ってみた

こんにちは、ShareWisの辻川です。 「ユーザーの反応を見ながら、小さな改善を繰り返そうぜ!」 スタートアップにとっては、とっても大切な教訓です。 今日はそんな「小さな改善」を実施する手法の一つ、A/Bテストについて書きた...
ShareWisについて

同じ職業でも国によって希少価値が違う

Linsiです。 今日は同じ職業でも国によって得られる収入が大きく異ることについて書きたいと思います。 最近、ある国際的なイベントに参加して、生まれて初めて「同時通訳者」の活躍の姿を目の当たりにしました。 8名の同時通訳者は全員女性で、当...
ShareWisについて

ShareWisのステッカーをお送りします

以前こちらのブログで書かせていただいたShareWisのステッカーを、この度みなさまにお送りします。 ロゴのステッカー作るときに気をつけるべきポイント マルチデバイスに対応しているだけでなく、横長の特徴を活かし、カップラーメ...
ShareWisについて

暗記パン vs 方法論 - 知識の先にあるもの –

ShareWisサポートメンバーの中屋です。 このブログは、メンバー各人が、教育や学習にまつわること等を独自の観点から描くものです。 私の第弐回目は、「知識」について書きたいと思います。 (少し前置きは長くなりますが…)大学受験を終え...
ShareWisについて

知識におけるストック力とフロー力

 こんにちは。財務担当のサポートメンバーの田原です。 私は日中は公認会計士として、会計・税務の仕事に勤しんでおりますが、仕事柄か会計の用語で物事を語ることが多いです。  例えば人の能力。私は良くストック力・フロー力という言葉を使います。...
ShareWisについて

ShareWisオープンβ版を公開しました!

本日、2012年5月31日にShareWisオープンβ版を公開しました!() ShareWisは学びたいけど時間がない、続かない社会人向けの無料の学習サイトです。 学んだ歩みを「知識の地図」で可視化することで、短いスパンで達成感を感じ...
ShareWisについて

「勉強しましょう」は中国語で「無理やり進んで行きましょう」

ShareWisで開発のサポートをしている夏です。 今日は私が日本語の勉強をしながら気づいた、日本語と中国語の意味の違いについて書きたいと思います。 漢字はアジア圏で最も使われている文字です。 ご存知の通り、中国と日本においては、...
ShareWisについて

教育がそもそもソーシャルなたった一つの理由 ― 未熟なヒトの子

こんにちは。ShareWisの辻川です。 学習系のWebサービスであるShareWisに従事するものとして、学ぶって何だろうとか、教育って何だろうと考えることがあります。 最近流行りのソーシャルラーニングの中に、何か答えがあるんじゃない...
ShareWisについて

応える(Response)能力(Ability) – 責任(Responsibility)

私達はいつも他人と交換しています。 それは気持ちと気持ちであったり、信頼と努力であったり、お金と役務であったりします。 これは Give and Take という一過性のものではありません。 複式簿記の仕訳のように即座に相手勘定を求...
ShareWisについて

ロゴのステッカー作るときに気をつけるべきポイント

Webサービスや各種イベントなんかでロゴのステッカーを作るのって、ある種定番になっていますよね。 Tech系、Webサービス系の会社がステッカーをつくるべき3つの理由 私たちShareWisもイベントや講演に参加する機会が増えてきた...
ShareWisについて

Webサービスリリースしても流行らねえ→オバマの朝食用シリアル作ろうぜ!から学んだこと

こんにちは。ShareWis代表の辻川です。 今回はAirbnbの創業ストーリーから学んだことを書こうと思います。 YouTubeなどの既存の教材で学べるサイトCourse Heroに「アントレプレナーシップ入門」というコースがあります...
ShareWisについて

物事を知って死ぬのと知らずに死ぬのとでは違う

ShareWisサポートメンバーの中屋です。 このブログは、メンバー各人が、教育や学習にまつわること等を独自の観点から描くものです。 私の第一回目は、私の尊敬する「吉田松陰」先生の学問と人生観が込められた言葉を紹介したいと思います。 ...
ShareWisについて

「国家百年の計」を私達の手で

こんにちは!財務担当サポートメンバーの田原です。 国家百年の計と教育 よく「教育は国家百年の計」と言われます。 国を良くするためには優秀な人材が必要であり、そのためには長期的視点に立って教育問題に取り組まないといけない、というものです...