シェアウィズ設立10周年記念総会を行いました

11月4日(金)にシェアウィズ設立10周年記念総会を行いました。

シェアウィズでは11月が事業年度の始まりの月です。設立10周年のお祝いと合わせて、キックオフミーティングも行いました。

シェアウィズ10年の歩み知る

代表辻川より、起業する前から現在までを8つの時期に分けて、それぞれのエピソードを語っていただきました。

失敗談や教訓、今でも付き合いのある人との出会い、泣いたエピソードなど、代表の人生を垣間見た気がします。
今の事業モデルになった経緯や過去のサービスについてお話いただき、シェアウィズについての理解度が高まりました。

「人との縁や運に恵まれて10年間やってくることができました。」と話されていたことが印象に残っています。
所々でユーモアを挟みつつ10年の歩みを語っていただき、あっという間の45分間でした。

新MVW (Mission, Vision, Way) の発表

新たなMVW (Mission, Vision, Way) が発表されました。

一般的には「Way」は「Value」ですが、「やり方」という表現にしたいという代表の意向があり「Way」を使っています。

そもそもMVVって何?という方は以下の記事をご参考ください。

MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)とは? | PR TIMES MAGAZINE
企業・組織には成し遂げたい目標や目指す方向性、社会に対する存在意義があります。それらを明文化することは、社内外のコミュニケーションにおいてとても重要です。 昨今は目まぐるしい社会の変化に合わせて、企業が自社の存在意義や役割を再定義することもしばしばあります。本記事では、「MVV」とは何かをはじめ、MVVの策定方法や運用...

私自身も案出しやライティングに参加していたので、無事に発表されて嬉しかったです。

FY2023キックオフミーティング

前期の振り返りや今後の方針、今期DTA(目標)が発表されました。

ちなみにDTA (Dream, Totatsu, Action) とは、シェアウィズオリジナル目標管理フレームワークです。

夢?トウタツ?とツッコミどころはあると思います。
私もそうでした。しかし最近、新しく入社された方が「DTAが〜」とさらっと話しているのを耳にして、DTAが浸透している!と思いました。

DTAについて気になる方は以下の記事を読んでみてください。

OKRを魔改造した独自の目標管理フレームワークの試運転を開始しました
こんにちは。ShareWisの辻川です。ほとんどすべての企業が何らかの目標設定、目標管理の仕組みを導入していると思います。各自がバラバラに好き勝手活動するのではなく、組織として攻めていく方向性を揃える目標を定めてこそ、突破力が生まれます(ち

続いて各部門のDTAの発表です。

最後に小1時間ほど時間が余ったので、10周年の歩みの質問コーナーを行い総会は終了しました。

懇親会

場所を移動して懇親会です。

コロナ以降、全社員が集まる懇親会は今回が初めてです。
東京オフィスの人にも初めて対面できました!

司会のお二人。

乾杯!ビール!

ビュッフェの料理をよそいます。

ゲーム大会を行いました。
マシュマロを指定の道具を使いどれだけ高い位置に持っていけるかを競うゲームです。


上位チームには豪華賞品が準備されているとのことで、みんな知識を出し合い組み立てます。

豪華賞品を手にしたチーム。

Amazonギフト券ゲット。

ちなみに私のチームは最下位。
組み立て途中に骨組みが砕け散りました。

まとめ

入社してから全社員が同じ場所に集まる機会がなかったので、対面で会話する良さを再確認しました。

また会社の方針や他部署の目標などを聞いて、また1年頑張ろうと身が引き締まりました。

もしシェアウィズに興味を持っていただきご縁がありましたら、シェアウィズの10年の歩みの詳細を代表に聞いてもらえたらと思います(色々と面白いエピソードがありましたので)。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。

飛田

タイトルとURLをコピーしました