新事業ShareWisUについて解説。教育ビジネス相談会セミナーを開催

こんにちは。シェアウィズでコンテンツブランディングを担当している渡辺です。
2019年6月と7月に、シェアウイズ東京支社では、現在新規顧客の獲得を進めているShareWisUのセミナーを開催しました。
会員を保有する企業、研修提供会社、講師の皆様、協会団体、教育機関に向けて、ShareWisUを使った新しい教育ビジネスのアイデア出しに取り組んでいただくセミナーで、東京・恵比寿で開催しました。
ShareWisUセミナーに登壇する高橋淳氏の写真
講師は、東京支社長の高橋淳が務めました。
冒頭、教育・学習コンテンツの市場の概観を説明し、さまざまな企業の事例を織り交ぜ、教育・学習コンテンツビジネスの傾向を解説しました。
市場に関する前提知識を踏まえた上で、新しい教育・学習コンテンツビジネスのご提案と相談会を開催し、参加者からたくさんの質問をいただき、興味関心の高さを実感しました。
シェアウィズはBtoCの事業に加え、BtoB事業の展開を加速し、大きな転換点を迎えています。
取り扱うオンラインコースも1,000講座を超え、新事業であるShareWisUは、この大量のコンテンツと、自社が持つコンテンツを組み合わせて、独自の学習サービスを構築できるユニークなサービスです。
導入事業者は、会員向けに月額制サービスを展開することも可能ですし、各会員が講座を購入できる決済システムも搭載しています。構築した環境は、お客様のロゴマークを施した独自ブランドのサービスとして展開できます。
新しい教育ビジネスの立ち上げを検討されている方にうってつけのサービスと言えます。
さらに今お申込みのお客様にはIT導入補助金も活用できるので、導入、運用コストを抑えてご利用いただけます。
完全に営業トークになってしまいましたが、とても魅力的なサービスですので、一人でも多くの人にこのサービスを知ってもらいたいと思い、手前味噌な紹介をさせていただきました。
お客様に喜んでいただけるよう、サービスの改善に努めてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
(渡辺)

コメント

Copied title and URL